顔面多汗症

多汗症といっても様々な種類がありますが、特に顔面から異常に汗が出るといった症状は日常生活に大きな支障をきたしますよね。この顔面の多汗症というのは、頭部の多汗症と密接な関係があります。
まず、頭部に多汗症の症状が出た場合、大量の汗をかくことで毛穴の詰まりを起こしやすくなり、頭皮を清潔な状態に保つことが困難になります。そうなってしまうと、頭部の発汗が抑制されることになります。
そして、抑制された発汗は頭部から最も近い「顔面」へとターゲットを変えるのです。また顔面多汗症は、赤面症やあがり症といった症状と混同されがちですが、これらは別物だということを認識しておきましょう。
ですが、同時に併発する可能性が高いといえますので、十分に注意しておく必要はあります。このように、顔面に多汗症の症状が出てしまうのは、ストレスや不安、緊張といった精神的な要因が大きいといわれています。
また、顔というのは最も人にみられる場所ですから、多汗症といった症状が出ることでさらにそれがストレスとなって、症状の悪化につながってしまいます。特に女性の場合では、化粧などが上手く出来なくなったり、汗を大量にかくことで肌トラブルの原因にもなってしまいます。
正常な日常生活が送れなくなるといっても過言ではありませんので、顔面の多汗症で悩んでいる方は、医療機関等で診察を受けるようにしましょう。治療方法としては、交感神経切除、ボトックス治療などいくつかの方法があります。顔面の多汗症は放置していても改善しませんので、適切な治療を始めていきましょう。

関連記事

このページの先頭へ