様々な多汗症

一言で多汗症といっても、身体のどこに症状が出るのかによって種類が違ってきます。まず大きく分類すると、全身に発汗がみられる「全身性多汗症」、身体の一部分に発汗がある「限局性多汗症」という二種類に分けられます。
全身性多汗症の場合は、悪性腫瘍が原因となっていたり、膠原病などの症状が影響しているケースが考えられます。また、手のひらに汗をかきやすいといった場合は、仕事や日常生活の中で何らかの影響を受ける場合も考えられるでしょう。
さらに、足の裏などに多汗症の症状が出ると、悪臭を放つことになってしまったり、雑菌が繁殖しやすくなることで水虫などの症状が出やすくなります。このように、手のひらや足裏に発汗する症状は「掌蹠多汗症」とよばれていますので覚えておきましょう。
また多汗症は、先天性のものかそうでないかによっても分類されます。先天性の多汗症の場合は「原発性多汗症」とよばれ、主に遺伝によって発症してしまうとされています。
一方、後天性の多汗症は「続発性多汗症」とよばれ、糖尿病、腫瘍、甲状腺疾患、下垂体疾患、痛風、更年期障害などの病気が主な原因とされています。他には、精神的な影響で味覚刺激に異常が発生する「味覚性多汗症」とよばれる症状もあります。
こういった症状は、基準として100平方センチメートルの範囲以上で発汗が認められる場合に多汗症として診断されます。このように、自分が多汗症かどうかの判断というのは、なかなか難しいといえますので、不安な方は医療機関で診断してもらうと良いでしょう。

関連記事

このページの先頭へ